エロチャットと方言

これ欲しいっちゃん!なんて可愛い女の子に言われたら何でも買っちゃいますよね男性のみなさん。可愛い女の子の方言ってえげつねえパワー持ってるんですよ。こんなん言われたらもうだめだわ、ってフレーズを紹介します。妄想してニヤけながらご覧ください。

方言でおねだり

一番最初に言ったこれ欲しいっちゃんというフレーズは博多弁です。多くの男性から絶大な支持を受ける博多弁はやっぱり強いです。一緒にショッピングをしているとき、女性の方にこれ欲しいなーといわれるよりもこれ欲しいっちゃんなーと言われた方が普通に買う確率上がります。当たり前ですこんなの。買ってあげた後も、やばい嬉しいといわれるよりも嬉しすぎるっちゃけどー、と言われた方がもう一度買ってあげる確立普通に上がります。そして確実にニヤけます。別れのあいさつもまたねーではなく、そんならねーです。はーかわいい。

 

どうして、方言にはそんなパワーが秘められているのでしょうか。私たちが普段一番使っている標準語はどこでも同じように使えるような言葉です。こまかいニュアンスや生活感がそこには欠けているんです。それに比べて方言には標準語よりも人間味のある言葉です。人間関係によって受け継いでこられた温かみのあるものだからこそ、とんでもないパワーが秘められているんです。

 

こんなに可愛い方言をかわいい女の子に言われてみたい。どうすれば女の子と方言で会話できるのーってとこですよね。私東京に住んでます。私沖縄に住んでます。私北海道で漁師してます。なんて方は周りに博多弁しゃべれる女いねーしって思ってますよね。

 

それがそーでもないんです。ライブチャットってご存知でしょうか。女の子とビデオ通話できるものなんですけど、これを使えばブラジルに住んでいる女性のポルトガル語の方言だって楽しむこともできちゃうんです。グローバルですね。さすがにブラジル人とライブチャットする人はいないと思うんですが、沖縄から北海道の女性と会話ももちろんできます。ライブチャットランキングで検索すればたくさん出てきますから女の子の方言を存分に楽しんじゃってください。